• 自由な発想で人・花・時を
    最高の時へと創造する

  • 松尾佳江

    三重県出身。 笑顔と幸せで溢れている結婚式に憧れを抱き、
    ウェディングの専門学校へ進学。在学中にアルバイトをしていた
    結婚式場で会場の装花によってガラッと雰囲気が変わることに花の魅力を感じ、
    日比谷花壇に入社。入社後は一度フューネラル部門へ配属になるも、
    ウェディングへの憧れを訴え続け、異動。その後は、名古屋の結婚式場を中心に、
    フローリストとして活躍中。彼女は親しみやすい性格や、柔らかい笑顔の持ち主だが、
    花に対する情熱は人一倍で妥協は一切許さない男前な一面も。会場に入った瞬間に、
    ときめいていただけるような装花をご提案します。